So-net無料ブログ作成

ホルガー・シューカイ [私的名盤]


 この話は私的名盤のカテゴリーかな。

 ホルガー・シューカイはカンのメンバーとして有名だった。

 最初に聴いたのは渋谷陽一のラジオ番組だったと思う。

 次に聴いたのはスネークマンショー。

 一言で言うならば、サウンド・コラージュみたいな前衛サウンドなんだが、音は快楽志向のため当時の発想ではダブとの親和性が高かった。

 実際ジャー・ウーブル(元Pil)とも仕事をしていてダブ寄りの音も作っている。

 というか、オレの中では「少し外れたダブ」として認識している。

 『ムービーズ』(1979)は傑作だった。

 短波放送からのイランの女性ヴォーカルを音源としてフューチャーした「ペルシアン・ラブ」は、CM(サントリー角瓶1979)でも使われた有名作で、スネークマンショー(1982)でも紹介された。

 聴いて気持ちの良い前衛サウンドはイーノのアンビエント・ミュージックくらいしか知らなかったので、こういう方法もあるのかと驚いた。

 ところが、他に同じことをする人が少ないという事実を考えると、いかに彼の技術とセンスが卓越していたか、という証明になるだろう。



周回遅れのシューカイ

 いやたぶん一週早かったに違いない。

ムーヴィーズ【2018年リマスター・初回限定生産紙ジャケット仕様】

ムーヴィーズ【2018年リマスター・初回限定生産紙ジャケット仕様】

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Pヴァイン・レコード
  • 発売日: 2018/09/28
  • メディア: CD










nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

観念の話は堪忍してくれ その4


 というより、古い哲学者を読む際に、単にオレの理解力不足だったに過ぎない、などという本当の話は、気にしないようにしてください。

 そんな本当の話は少しもオモシロくないし。

 「言語なぜ」は素晴らしい。

 ・・・と連呼するのもそういう理由です。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感