So-net無料ブログ作成

UWF その5


 たぶん船木が、いわゆる「U的な技術」で完全決着するルールを、最初に意識したのは藤原組を出てからだろう。

 それも、リングスやUインターとの差別化として、仕方なく選択したに過ぎない。

 積極的にやりたいわけではなかった。

 ・・・というわけで、バンクラス時代の船木は全般的に暗いし、魂が重い。



 1991年3月藤原組旗揚げ。

 1992年12月藤原組から船木鈴木らが退団。

 1993年4月K-1第一回大会。

 1993年9月パンクラス旗揚げ戦。

 1993年11月UFC1興行。

 1994年8月船木とケン・シャムロックがロスのマチャド柔術へ出稽古。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

UWF その4


 船木は、怪我をして欠場しているときに、漠然と「セメント」を中心としたプロレスを意識したらしい。

 それは彼の頭の中ではギリギリプロレスだし、スーパータイガーや前田が始めたのもそういうモノだという認識だったはずだ。

 とはいっても、彼にとって「セメント」というのは昔の新日の練習の一ジャンルに過ぎなかった。

 いわゆる「総合格闘技」とか「ヴァリトゥード」、「MMA」などと呼ばれるものとは明らかに違う。

 おそらく、「キャッチレスリング的な試合での技の極め合い」を考えていたんだと思う。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感