So-net無料ブログ作成

詰将棋の鑑賞について


 指将棋も同じことだが、詰将棋を鑑賞するにはある程度の棋力が必要だ。

 つまり、この手が指しにくいとか、この変化が難しいとか、紛れがどうしたとか、棋力がないと理解できない要素が評価の対象になるからだ。

 そんなの当たり前じゃん、と思っているのは将棋の強い人で、オレ程度ではまったく歯が立たない。

 単純には言えないが、詰パラの中学校が簡単に解けるレベルあたりから、本当の鑑賞が始まるのではないか。

 頑張ろう。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

対処の仕方


 物事には対処の仕方がある。

 どこまで突っ込んでいいのかは、相手や状況によって違う。

 あと、その時の気分も結構大きい。

 ムラがあるのは良くないけど、なんでもかんでもマニュアル通りというのもオモシロくない。

 適度にアドリブを入れよう。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感