So-net無料ブログ作成
検索選択

ラカン派対クライン派 再び


 知っていると想定された主体(分析家) VS 力(技術)を持っていると信頼された主体(分析家)

 つまり、分析家も主体なんだが、分析空間では死んでいるのがラカン派で、同等に生きているのがクライン派。

 どちらがいいのかは、・・・たぶん趣味のレベル。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ラカン派対クライン派


 クライン派に言わせると、ラカン派は分析経験の中で「父親」を持ち出すのが早すぎる、言い換えると、どんなときでも「まず父親ありき」という姿勢で分析に臨んでいる。

 ラカン派に言わせると、クライン派は時間を無駄にしている。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感