So-net無料ブログ作成
検索選択

主と奴の弁証法 その3


 そもそも「主と奴の弁証法」を流行させたのはコジェーヴだ。

 てゆーか、コジェーヴが自論を展開するために、わざとヘーゲルを曲解した、というわけだ。

 それはそれでいいんだが、基本的な知識を持たない者が誤解するのは・・・・知らないヤツが悪い。

 ヘーゲルに関して、いろんな人がアホなことをたくさん書いている。

 だからヘーゲルくらいは、自分で勉強しましょう。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

主と奴の弁証法 その2


 主と奴に関して、『精神現象学』のヘーゲルのロジックを極端に単純化すると以下の通り。

A:主人は奴隷がいるからこそ、自立している。
B:しかし、奴隷は自立していない。
C:だから、主人は自立していない者を通して自立している。
D:とすれば、本質的には主人は自立しているとは言えない。

 ただそれだけ。

 というか、これをものすごーく意訳すると「主と奴の弁証法」になる。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感