So-net無料ブログ作成

国防論その3


 ところが国をどう守るかという議論はそもそも、諸外国がどう考えようと、あくまでも国内の問題だ。

 そこに文句を言ってくるのは内政干渉だ。

 他国の例を考えるならば、たぶん日本という国が諸外国に、そのような「軍」に対する文句を言われるのは、国境や海境を超えたり越えなかったりした場合だと思われる。

 もちろん「国としての信用度」を高める努力も必要だろうが、国防論は原則として国内問題に過ぎない。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

国防論その2


 とはいえ、国防のための手段は、主として軍隊と兵器になるわけで、そうすると侵略のための手段と同じものになってしまう。

 日本という国に対する信頼があるのかないのかは知らないが、そういうことを懸念するのであれば「保険」として考えるのは間違っている。

 どちらかというと「国としての信用度」の問題だ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

国防論


 国防論を考える、ということは、何を意味するのか。

 一つは保険として考える。

 日本を巻き込むような戦争が起きることは滅多にないだろう。

 ・・・と考えている人がほとんどだとしても、それは日本国の内部の話で、侵略や破壊を考えているかもしれない国には全く関係ない。

 なので、病気になったときのために保険に入るような感覚で国防論を論じることは可能かもしれない。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

会費制


 そういえば、北海道の結婚式は「会費制」だ。

 ご祝儀を渡したい場合は、会費とは別にご祝儀袋に入れて、受付に渡しておく。

 合理的といえば合理的。

 味気ないといえば味気ない。

 若い人たちが参加しやすい仕組みかもしれない。

 招待していた人数が諸事情で参加しない場合は、呼んだ方の「家」の責任で不足分を埋めるということになっているらしい。

 古い家柄による伝統に縛られることのない、北海道らしい風習だ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

歯ブラシ事件


 どうでもいい話第二弾。

 歯ブラシ事件。

 オレの耳に入るのだから、当然信憑性の無い噂話レベルだが。

 あれはひどい話だ。

 本来は表に出る話ではなかった・・・らしい。

 以上。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

どうでもいい話


 以下はただの噂話。

 そういえば、女性フリーアナウンサーがお笑い芸能人と出来ちゃった婚をするとかしないとか、そういう話があったが、アレは本当は全然違うらしいって話。

 どうやらTのエライ人の後始末にお笑い芸人が利用されたとか違うとか。

 そもそも日刊スポーツの記事は誤報なんだが、もちろん全部がウソではなく、それにお墨付きを与えたのが、Bのエライ人。

 また、もともとは最近世間を騒がしたグループSの話から始まっていて、アレはさすがにひどいとTのエライ人に対してBのエライ人が怒っていて、それでお墨付きを与えたということらしい。

 つまり子供の種は(略)。でも堕ろしたから本当のところは本人以外よくわからない、という、どこまでウソかホントか分からない魑魅魍魎の世界。

 情報統制をしているなかでBのエライ人の一声で中途半端に記事になって、そのあと圧力がかかったりした関係で、記事の落としどころはどうなるのでしょうか。

 ・・・以上どうでもいい話でした。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本酒


 北海道で山口県の日本酒を飲んだ。

 よくわからないが、これでいいらしい。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

時間よ止まれ


 「謎の円盤UFO」(ブルーレイのセット)をときどき観ている。

 懐かしくて涙が出る。

 てゆーか、明らかにトラウマになっている。

 オレの人生・・・主として無意識方面・・・に多大な影響を与えている。


 今回は「UFO時間凍結作戦」というのを観た。 

 オープニングからしてストレイカー司令官が暴れまくっていて、素晴らしい。

 コンピューターのイメージがまたオモシロい。

 オープンテープがグルグル回っているというヤツ。

 時間ストップを示すのは、特殊効果もあるけど、人間は全部役者の演技だ。

 話自体はなんとなく、加速装置が戻らなくなった009の話に似ている。

 どちらが先なのかはよくわからないが。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

生きることの意味


 結論から言うと生きることに意味はないんだが、それでも意味を見出さなければならない。

 というか、ただ生きることが目的になるべきだろう。

 なぜそんなに生にこだわるのかというと、ヒトは簡単に死んでしまうからだ。

 いやじつにアッケラカンと。

 そんな簡単にあんた・・・という具合に。

 だからといって、諦めるのは良くない。

 諦めるくらいなら、悟るくらい修行するべきだ。

 悟るっていったい何を悟るんだということなんだが、結局、「生きることに意味はない」ということだったりする。

 素晴らしい。

 この堂々巡り的な「設計」こそ、生きることのパラドクスで、かつ真理だ。

 歴史に名を刻む・・・という勇者の生き方もあるのだろうが、一般的ではない。

 一般的にできることは何か。

 単純に言うと「楽しく生きる」ということになるのかもしれない。

 それはポジティブではない。

 「人生に意味はない」ことを知っているのだから。

 それは悲観的ではない。

 生き続けようとしているのだから。

 俗世間にドップリ浸かりながら、ただひたすら諦めない生き方を選択したい。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

どうしたら正気に戻れるのか


 オレはかつて「狂気」に陥らないために狂気について勉強していたことがあった。

 それは今でいうならリスク管理みたいなものだが、それよりも単に「怖いもの見たさ」だったに違いない。

 たぶん、一度狂ってしまえばなかなか正気には戻れない。

 だから戻れるような道筋を技術論的知識として入手しておきたい。


 ・・・ところで、狂うことを前提とした人生設計というのはいかがなものか。

 反省しよう。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

テキトーに書く


 「分かってもいないのにテキトーに書く」というのが、オレのスタイルだ。

 ただし、「分かってもいないのに」というところは相当の学習が必要で、つまり「何が分かっていないか」を分かっていないと、テキトーに書けない。

 もちろんオレの知能指数の低さや学習能力の低さ、及び老人性痴呆症の進行状況や前日のアルコール摂取量などが、その「分かってもいないのに」のレベルを上下させていることは言うまでもない。

 その分からないことを知るために、どうでもいいような現代思想の周辺を当たったりする。

 最近ではメイヤスーとかMガブリエルとかあるいはブランダムとか。

 メンドクサイったらありゃしない。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スマホの料金


 スマホの料金は高い。

 2年の縛りがなくなったらプランを変えよう。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヴォーカル


 音楽を聴く上であまりヴォーカルを重視しない。

 エレファントカシマシや superfly のファンクラブに入っているのにどういうことだ、という感じだが、本当だから仕方がない。

 ダイナソーjr. を聴いていると、たぶんグランジとしてはJのヴォーカルが弱いという話になりそうなんだが、オレに言わせればヨレヨレのヴォーカルの方がオモシロいと思う。

 これは昔ブライアン・イーノとかシド・バレットなどの音楽を愛好していた関係かも。

 Jのヴォーカルの味は、彼のギターが突然ポップなフレーズを弾き出したりするのとうまく合っている。

 「プロの凄み」とはまた別の意味を持つ、そのような「味」というのは、個人の嗜好が強いのでなかなか一般化できない。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やればやるほど [サラリーマン]


 仕事というのはやればやるほど、さらに降ってくる。

 面倒だが、それで金をもらっているので仕方がない。

 ・・・と考えるようにしているが・・・。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

消費行動は麻薬その3


 とはいえ、無い袖は振れない。

 今どき借金もなかなか難しい。

 使いたければ働いて稼ぐしかない。

 ・・・そういう資本主義で生きる原理を忘れてしまうと、今度は思想的に壊れていく。

 これもまた、最初から壊れているんだが・・・結果として生きる場所を失ってしまう。


(0)満腹中枢が壊れる。主に食事。←欲望以前の話。
(1-2)満足中枢が壊れる(というか最初から壊れている)。主に消費欲、その内容を分解するとモノの所有欲及び支払欲。
(3)思想的に壊れる(これも最初から壊れている)。資本主義思想から離れていく。資本主義世界の中で生きることに意味を見出せなくなる。

 というわけで、欲望をうまくコントロールできないと、困ったことになる、という話でした。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

消費行動は麻薬その2


 モノを購入するという行為は、本来はモノを所有することで欲望をみたすものだ。

 その状況下でうまく自らをコントロールできる(収入と支出の折り合いをつけることができる)のが、普通のヒト。

 それが壊れると・・・というより最初から壊れているんだが・・・所有することだけではなく、さらに金銭を使うという行為に快楽を感じるようになる。

 それがギャンブルにつながる。

 よく、ひと時の儲けがギャンブル欲を刺激するというが、オレに言わせれば、カネを使うこと自体が目的になってしまっている。 





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

消費行動は麻薬


 消費行動はある種の麻薬だ。

 買い物が辞められない心裡というのは、要するに大食いと同じ原理で、欲望が壊れて必要以上に肥大した結果だ。

 満腹中枢が壊れて・・・というが大食いの原理。

 それが壊れる原因はストレスなどいろいろだろうが。

 欲望に関する満足中枢など最初からないので、それはまさにトイレットトレーニングのような幼少時の教育効果が無ければ止め処がなくなる。

 贅沢に慣れてしまえば戻れないのもそういう意味だ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

移籍の話 [サッカー]


 海外サッカーの話。

 有名選手の移籍の話は信憑性が低い。

 どうやら噂の元は主として代理人らしい。

 そうやって噂を先行させて、釣り上げる方向でいろんなクラブと金額の調整をしていく。

 いわゆる「観測気球」の一種か。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

エレカシ野音


 エレファントカシマシ野音二日目。

 いや実に楽しいライブだった。

 最近は何の気負いも気合もなく、エレファントカシマシのライブに行ってしまうんだが、それが個人的には上手くいっているようだ。

 舞台の上はいつものように宮本が暴れていて、確かに「若気の至り時代」とは違った暴走なんだが、それは以前感じた「狂気」ではなく「子供の遊び」に近いものだ。

 観客は「またミヤジがやってるよ」的に見守っている。

 しかし、ヌルイと感じさせないのがエレカシのエレカシたる所以だろう。

 そして、野音は特別だ。

 普段ライブでやらない曲を発掘して演奏する場・・・みたいな扱いになっているが、雰囲気としては「同窓会」みたいなもんだ。

 結果的に・・・という意味だが、オレたち観客が「エレカシのファンだ」ということを再確認する場所になっている。

 そして、サポートのミキオさん(ミッキー)もずいぶん長くやってくれているし、細海魚さんだって『生活』以来だ。

 てゆーか、関係ないけど2人とも道産子だ。

 バンドが長く続くことは、良いことばかりではないような気もするが、少なくとも、続けてくれてよかったと感じさせてくれた。

 楽しいライブ・・・エレファントカシマシには相応しくない感想かもしれないけど。

 とにもかくにも、良いライブを見せてくれたことに感謝しよう。

 




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

芸能界


 芸能界というところはいろいろ妙な噂がいろいろ出ていてオモシロい。

 変な話がいっぱい出ていてどれが本当だかわからない。

 興味深い話だ。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アマゾンの注文


 ときどき発注で間違える。

 なぜだろう。

 そして、キャンセルできない時もあるし、できるときもある。

 今のところ無駄にはしていないが、そのうちムダが出るかも。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サッカー日本代表その5 [サッカー]


 もう一つは仮に、1-0でリードして残り10分となっているときに、相手チームはどういう戦術を取るのかをよく考えてみよう。

 ゴール前に放り込んでチャンスを作ろうとするだろう。

 日本には身長の高さも体格の強さもないのでこの戦術はよく理解できる。

 なので、それに対してどう対抗するのか、という対策が必要だ。

 もちろん監督はそれを考えるのが当たり前だが、残念ながらその対策が明確に「表現」されることはない。

 どうやら監督を代えても解決する問題ではないようだ。
 




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サッカー日本代表その4 [サッカー]


 日本のサッカーらしさとは何か。

 個人的には、「ショートカウンター」を狙うサッカーか、と漠然と考えている。

 強豪国に対し普通にポゼッションで勝てる技術や体力はない。

 例えばスペインやブラジル相手にポゼッションを維持できるのか。

 とすれば、ある程度のポゼッションができるとしても、考えるべきは相手がボールを持っているときに、どう動くか、ということだ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サッカー日本代表その3 [サッカー]


 サッカーのファンというのは「5-0」で勝つというメンタリティーで応援するのが普通なので、それはそれでいい。

 ただ、ときには冷静に分析することも必要になってくる。

 パスミスをしてはいけない時間帯(例えば1-0とリードしていて相手があまり攻撃的でないときの後半15分)とエリア(自陣)でミスが出るのは、パスの出し手だけではなく受け手の問題でもある。

 したがって、「得点差と時間帯に応じたチームとしての戦術」を明解にすることと、明解になっているのであれば、それをピッチ上でしっかりと「表現」することが求められている。

 戦術の内容とその表現の仕方は監督の指示なんだが、だれが監督をやっていてもそれをあまり的確に表現できていないから、オシムは教育的なトレーニング・・・彼は選手やコーチだけではなくメディアに対しても教育を意図していた・・・を実施した。

 日本のサッカーは未だにそのレベルだ。

 決して現在は「世界レベル」ではない。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サッカー日本代表その2 [サッカー]


 例えば、ドイツ、スペイン、フランス、イタリア、イングランド、オランダ、ベルギーに対して勝てるイメージがまったくない。

 ブラジル、アルゼンチン、コロンビアはおろかチリやウルグアイに勝てるイメージもまったくない。

 ガーナやコートジボワールに勝てるイメージもあまりない。

 よく考えてみれば、FIFAランキングは50位くらいだ。

 ランキングで50位前後のチームがやるべきことはそれほど多くない。

 個々の選手のレベルは、アジアの中では技術がある方だと言われているが本当にそうなのか。

 大いに疑問だ。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サッカー日本代表その1 [サッカー]


 9/6、タイ戦は観ていてつまらなかったので、途中でテレビを消した。

 こんな試合をやっているようではワールドカップに出場するチームに対して失礼だから。

 UAEに負けたのも当然かと思った。

 チームとして攻撃が機能していないのはいつものことだから仕方がないが、後半に入っての自陣でのパスミスが多すぎる。

 得点差や時間帯を考えたプレーのメリハリが出来ていない。

 ゲームコントロールをしようという意図のないチームは、決して強くならない。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ベスト盤


 そういえば dinosaur jr. のベスト盤を持っていた。

 普段は必要ないのでほとんど聴かない。

 通常発売のアルバムしか聴かない。

 とはいえ、ライブを聴いた後にベスト盤を聴くというのもなかなか楽しい。

 bug 以前の音は薄くて軽いが意外に盛り上がる。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ダイナソーjr. その8


 ダイナソーjr. を初めて聴いたのは、たぶん大学時代の友達の家だったと思う。

 当時はハードロック命だったので、ポスト・パンク系とグランジ、オルタナ系とかあまり興味がなかった。

 ・・・あまり記憶にないが・・・昔のことだし。

 覚えているのはニールヤングのアホなリメイクをやっていたこと。

 アホは大切だ。

 1989の発売で買ったのは日本盤CDだったか。

 まー曲とか聴いたタイミングとか買ったアルバムの順番とか、昔のことは忘却の彼方ということで。


 ・・・忘却の彼方に、確かな音だけが存在している。






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ダイナソーjr. その7


 新曲も何曲かやっていたが、基本は往年の名曲たち・・・というほどの演奏時間でもないか。

 名曲といっても売れていたわけではないし。

 まーそれでも随分サービスしてくれたと思う。

 とにかく非常に楽しい気持ちで音楽を聴いた。

 2時間もやっていなかったと思うが、充実のひと時。

 ロックのライブはそんな感じでいい。

 1時間くらい本編やってアンコールに数曲って感じがベストだ。


・拾いもののセットリスト(2016.8.22 恵比寿リキッド)

Bulbs of Passion
The Lung
Goin Down
Love Is...
The Wagon
Budge
Pieces
Tiny
Feel the Pain  
Little Fury Things
In a Jar
I Walk for Miles
Start Choppin
Mountain Man
Freak Scene
Gargoyle

アンコール
Tarpit
Just Like Heaven
Sludgefeast





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ダイナソーjr. その6


 ライブでの観客は、意外に若者がいた。

 ハゲとジジイとデブしかいないと思っていたんだが、そうでもなかった。

 ちなみにオレは「ジジイ」という部分集合に含まれている。

 新しいファンを獲得しているようで、長く続けると(解散状態も長かったが)良いこともあるようだ。

 素晴らしい。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感