So-net無料ブログ作成

メモ 三項関係の臨床 [メモ]


 メモ。

 赤坂和哉『ラカン派精神分析の治療論』より(P59)。

 (・・・)つまり、シニフィカシオンの重奏が響くシニフィアンを含んだ無意識の形成物に注目することは、分析家が自我と自我の関係から身を引くことと同義だ。もっと単純化して言えば、分析家がシニフィアンに注目するということは自らの自我から離れることだ。
(引用終わり)

 ・・・・果たしてそうだろうか。

 ここで批判されているクライン派の臨床家たちが、「無意識の形成物に注目する」ことを、当然のように実践している。

 「自我から離れること」=「(ラカン派のいう)大文字の他者に依拠すること」とはならないのではないか。






nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント