So-net無料ブログ作成
検索選択

自己意識とビョーキ


 オレが自己意識を重視するのはビョーキ・・・あるいは「唯狂論」という主張・・・に興味があるから。

 で、ヘーゲルの理論では「大文字の他者」が機能していることを前提としている。

 しかし、現代では「大文字の他者」は何らかの形で後退しており、人によっては後退どころか消滅していると主張する。

 いずれにせよ、現代で自己意識的な動きをフォローしていくと、行き着く先は倒錯、強迫神経症、パラノイアのいずれかになる。

 ところがそれらは典型的な症状ではなく、「そういう傾向」に留まる。

 中途半端に留まる理由は、まさしく超自我による「享楽せよ」という命令に対して、無気力で応えてしまうからだ。

 現代社会の鬱病、引きこもりは、まさに超自我の命令に対する至極まっとうな反応だと思っていたが、そう考えている人は意外と少ないので、ここでコッソリ主張するにとどめておく。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0