So-net無料ブログ作成
検索選択

アドルノ


 アドルノはルカーチを批判するついでにヘーゲルを批判した。

 つまり、アドルノ先生、かく語りき。

「おまえら、疎外を克服したとか言ってるけど、結局、「同一性」の論理の下に、非同一的なものを弾圧しただけだろ」

 おお、ごもっとも。

 まーしかし、元々ヘーゲルの「疎外論」なんてのはルカーチ的な発見によって再解釈されたもので、ヘーゲルの意図ではない。

 ルカーチは『経哲草稿』の影響下で「外化」=「物象化」=「疎外」論を言っただけのこと。

 というわけで(以下略)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0