So-net無料ブログ作成
検索選択

藤井システムの謎 その13


 厳密に考えると後手番藤井システムには5種類ある・・・はず。

 △9五歩の形なら2種類で、△9四歩の形なら△9五歩の代わりに何を指すか(△6四歩等)で3種類、合わせて5種類ということになる。

(1)旧システム(△9五歩)△5二金型

(2)旧システム(△9五歩)△4三銀型

(3)新システム(△9四歩)△6四歩(△5二金△3二銀)型

(4)△5二金△4三銀(△9四歩△6三歩)型

(5)△9四歩△6四歩(△4一金△4三銀)型


 (1)から(3)は定跡としてそれなりに紹介されている。

 (4)(5)はあまり得がないのか見捨てられている。

 よく考えてみると(4)は急戦には対応できそうだが、穴熊には一手遅い感じで、なによりも旧システムの△4三銀型と違って△6二飛と回る筋がない。

 しかし、▲3六歩△6二玉の交換が入るのが必然なら△6二飛を考えるのはムダになるので、この形が生きる展開もありそう。

 たぶん(4)(5)で△3二飛型を目指すとすると、△9四歩型なので居飛車側が左美濃にする余地があるから、後手から捌くのはなかなか難しいということか。

 かといって△9四歩型で対穴熊の上部から攻める場合は(3)の△6四歩型の方が得と見られているようだ。

 普通の振り飛車対左美濃の展開になれば、振り飛車側に文句がないという人には、(4)(5)を指す価値があると思う。

 定跡通の相手を混乱させる意味は・・・・あまりないか。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: