So-net無料ブログ作成
検索選択

藤井システムの謎 その10


 もちろん旧システム△4三銀型の急戦は▲3五歩に△3二飛が本筋とされていたが、それには▲4六歩があるので困ったなあ、という感じなんだが、これはこれで結構いろいろあるので研究のし甲斐がある。

 例えば室岡新手(△4七歩)以降。

▲4七同飛△4四角▲同角(▲5五銀もある)△同飛▲2二角△7四飛▲4八飛△3三角▲同角成△同桂▲6五角△8四角▲5七銀(▲7四角もある)△6五桂▲6六銀△6四飛▲2一角成△6六飛▲同歩△同角▲4七飛△5七銀▲3一飛△5八銀不成▲同金△5七金▲6七金で先手勝ちやすいという本があったが、次に△4七金と飛車を取り▲6六金と角を取る手に△7一玉と入っておけば、後手は駒損ながら実戦的には難しいような気がする(予想される手順は▲1一馬に△2八飛など)。

 ただし、しつこいようだが、今のところシステム側が明確によくなる手はないようだ。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: