So-net無料ブログ作成
検索選択

将棋カンニング問題その7 [将棋カンニング問題]


 将棋界にとって最悪なのは何か。

 人によって考え方が違うだろうけど。

 オレの考えは以下の通り。

 第一に、スポンサーの讀賣新聞が撤退して竜王戦がなくなったり、賞金が減額になること。

 第二に、疑惑の・・・しかし優秀な・・・現役棋士を失うこと。

 この二つに比べれば将棋連盟がメディア(週刊誌等)に叩かれて世間の評判を失うくらいは大したことではない。

 というよりも、この二つを優先するために、連盟は全力を尽くさなければならない。

 仮に「連盟」が悪者になっても「将棋」自体は変わらない。

 風評は時間とともに変化するから。

 つまり、人知を尽くした棋譜さえ残し続けていけば、連盟の悪評は今後のイメージ戦略で克服できる。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: