So-net無料ブログ作成
検索選択

将棋カンニング問題その1 [将棋カンニング問題]


 将棋界という狭い「村」の中で、カンニングの疑惑が生じ、連盟理事会は最低限(?)の処分(年内の出場停止)を発表した。

 処分は直接的には疑惑とは関係ないようだが。

 同時にその処分は、賞金総額のもっとも大きいタイトル戦の対局へ参加させない、という意味もある。

 告発した側もされた側もプロ棋士で、連盟は彼らを除名したくない、という前提が強い。

 そして、白黒をはっきりさせたら、告発した側かされた側か、どちらかを何らかの形で処分しなければならない。

 将棋連盟理事会は、話を大事(おおごと)にしながらも仲間をできるだけ処分したくないように見える。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: