So-net無料ブログ作成
検索選択

語りえぬものについては・・・その3


 6-53では「形而上学的なことを語ろうとする人」に対して、「いかなる意味も与えていないことを指摘する」・・・と書いてある。それだけが唯一厳格で正しい方法だと・・・。

 6-52-2では言い表し得ぬものは存在する。それは示される。それは神秘だと・・・。つまり語られるとすれば神秘しかない・・・・ということになる。

 語りえぬものを語ろうとすると、神秘・・・言い換えると、形而上学的なことを語らずに神話的なものを語ればいい。ついそのように肯定的に捉えてしまう。・・・『論考』の著者に怒られそうだが。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: