So-net無料ブログ作成
検索選択

心地よい音楽


 ボブ・ウェルチ在籍時のフリートウッドマックをよく聴いている。アルバムにして5枚。それをダラダラとBGM風にして聴き続けている。

 ボブ・ウェルチに加えて、クリスティン・マクビーが良い味を出している。ボブは変態アメリカ人風のよじれたポップで勝負するが、クリスティンはストレートなポップで心地よい。・・・という2人の対比がこの時期のマックの特徴で実に楽しい。

 マックは後のスティーヴィー・ニクスとリンジー・バッキンガムの加入から有名になっていくんだが、それはそれ。この時期のマックの試行錯誤はロックやポップの「あり方」を模索していて、それは部分的に成功していた。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: